投資競馬ソフトを使った、土日でできる資産運用

   
   
お問合せ
資産運用ソフト 晴馬 資産運用ソフト 晴馬 競馬ソフト 晴馬 実績 競馬ソフト 晴馬 投資の考え方 競馬ソフト 晴馬 お申し込み 競馬ソフト 晴馬 Q&A

 

諭吉くんの実績例

 
 

以下の実績は、旧ソフト 「晴馬」 の実績です。

Aコース

全レースの年間的中率40%弱の一番的中率の良いコースです。ただし1番人気2番人気と上位の人気オッズを買い目にするためオッズ変動が厳しくなります。よって追い上げ係数は2.5がお勧めと大胆になります。そのため連続不的中での追い上げ金額を十分に考えて投資してください。なかなか連続不的中 は起きませんが、投資方法は1〜7R、6R〜12Rの各7レースの連続不的中が出現した会場を次の日に投資する方法がお勧めです。

Aコース

-------------------------------------------------
1R〜5Rの的中率45%!一番のお勧めコースです!
-------------------------------------------------
全レース年間的中率35%とまずまずですが、1R〜5Rの的 中率では10%アップの45%にもなる一番のお勧めコースです。 平均回収率は250%ですので追い上げは2.0。
投資するレースは、1R〜5Rがお勧めです。 連続不的中の場合は次の日に繰り越します。
-------------------------------------------------
注意!31回以上の的中済みの場合は投資しない!
-------------------------------------------------
Bコースは統計学的に調べた的中率重視の買い目の買い 方です。出現率や出現パターンも取り入れています。 このBコースでの8日間・96R中での平均的中回数は32回 です。 よって、6日目、又は7日目終了時点で31回以上の的中済 みの場合は、7日目、8日目(最終日)は投資しないのがポイ ントです。
-------------------------------------------------
注目!同払い戻し額設定と係数設定でオッズの変化を克服!
-------------------------------------------------
【負けたら倍々に増やせ!を考える】
ギャンブルの鉄則に、『勝つには負けたら倍々に増やせ!
そうすれば、必ず利益が出る!』と言われます。
この理論は正解ですが、賭け金を2倍にして行く事が前提 です。資金が豊富にないと対応出来ません。
計算して行きますと1から始まり30回目で、累計1,000億にもなります。
競馬はギャンブルですが、ギャンブルではなく利殖という考え方でも、追い上げ方式は必要不可欠です。


【オッズの変化と従来の自動買いソフトの短所】
競馬の配当金はオッズによって決まりますが、オッズは生き物で時々刻々と変化します。JRAがオッズを発表し、そのオッズを見て馬券を買い、一つの馬券に人気が集中すればオッズは下がり配当金は少なくなります。人気上位のオッズは下がり、下位は上がるという傾向が出ます。

さて、従来の自動買いソフトでは、回収率を200%前後に設し、多点買いで資金配分をするのが一般的でした。
しかし、この単純な計算方式ではオッズが下がった時に、的中したのに利益が出ない・・・。』という問題に直面します。
又、オッズが下がるのを前提に回収率を上げると買い目がわり、『的中率が悪くなる・・・。』というのが従来のソフトでした。


【晴馬の”同払い戻し額設定”!※払い戻し額の設定機能】
晴馬には、”同払い戻し額設定”が組み込まれており、回収に対応して投資金額を決定します。
この”同払い戻し額設定”機能は、晴馬のBコースには、最な機能です。

そして、オッズが下がる事を想定した”係数設定”もあり、係数を1.2以上に設定すれば利益が出る確率が上がります。
この係数を上げれば上げるほど利益率も上がります。

しかし、デメリットもあります。
通常の追い上げでは、投資金額が確定されるので累計投資額も事前に判ります。”同払い戻し額設定”では、回収率に応じた投資金額となりますので、累計投資金額が読めません。
突然投資金額が3〜5倍に一気に増える!これがデメリットで。
但し、最大に投資金額が増える倍率を把握、認識さえ出来またら、準備金次第では、利益率の高い運用が可能となります。


【デメリットを認識する】
利益目標の時の投資金額の算出計算式は、投資金額=(前回損金+目標金額)÷(回収率−1)
となります。
回収率に合わせた適正な投資金額を出しますので無駄がなくなります。

例えば、利益目標10,000円の場合、 回収率300%なら投資金額は5,000円です。
回収率300%なので5,000円×3で払い戻しは15,000円になり、投資金額5,000を引くと利益10,000円となります。

回収率200%なら投資金額は10,000円です。
回収率200%なので10,000円×2で払い戻しは20,000円になり、投資金額10,000円を引くと利益10,000円となります。

又、オッズが下がる事を想定した場合の対策に”係数設定”があります。
係数を1.2以上に設定すれば利益が出る確率が上がります。
この係数を上げれば上げるほど利益率も上がります。

例えば回収率200%が180%に下がった場合、払い戻しが18,000円で、利益は8,000円と当初の利益よりも2,000円も少なくなります。

そこで、回収率200%が180%に下がった場合を想定して、

係数を1.2に設定すると、投資金額×係数で12,000円となり、12,000円×1.8で払い戻しが21,600円になり、利益は9,600となります。

係数1.5に設定すると、投資金額×係数で15,000円となり、
15,000円×1.8で払い戻しが27,000円となり、利益は12,000円となります。

このように係数を上げると投資金額も増えますが利益も増えます。

デメリットの最大投資率はBコースの回収率の最低設定が150%ですから、倍率で考えると前回損金の4倍になります。
(前回損金10,000円+目標10,000円)÷(1.5-1)=投資金額40,000円

又、最大係数2.5なので40,000円×2.5=100,000円と10倍になります。
単純計算しますと、最大投資率は4倍×係数となります。

この様に、最大に投資金額が増える倍率が判明します。
準備金次第では、利益率の高い運用が可能となります。

Aコース
全レース年間的中率は24%と低いですが、回収率を300%と高めに設定しています。回収率が高いので追い上げは1.5と低い追い上げが可能になっています。投資方法は、同一開催期間(8日間の開催期間)で、 1〜7R、6R〜12Rの各7レースの連続不的中が出現した会場を次の日に投資する方法がお勧めです。

  • 口座残高はありますか?
  • 即パットの場合、土曜の朝の資金移動をお忘れでは?
注  意 【重要】以下の条件の日には十分ご注意ください。
  • 朝の時点で台風や雨、雪などの悪天候および馬場の状態が良好でないレース会場。また、それらの原因でレース会場が一箇所にのみになった場合。
  • 会場移動の初日や連続開催最終日等、芝の状態が安定しないレース開催日。
  • 障害レース。
  • GT、GUといった重賞レースには競走馬や騎手の実力を無視した、大量の投票(一般競馬ファンなど)が集中してしまいます。利殖ソフトを運転する上で必要な有効オッズに狂いが生じてしまうことがあります。
    (※有馬記念の開催週は年間でもっともこの傾向が現れます。)
  • お盆、ゴールデンウィークなど利殖ソフトを運転する上で必要な有効オッズに狂いが生じてしまうことがあります。
 

投資競馬ソフト 晴馬ライト 運用例

投資競馬ソフト晴馬 運用例(実績)
 
2008年 利益:847,660円 
Bコース・同払い戻し額:1,000円・係数1.5
 
2008年 利益:2,263,850円 
Bコース前半・追上:2.0円 開始金額1万円
 
2008年 利益:156,370円 
Aコース前半・追上:2.5円 開始金額1万円
 
2008年 利益:2,497,710円 

Cコース前半・追上:1.5円 開始金額1万円

  ※実績情報はこちら